むくみでうっ血する原因は何?

うっ血するほどのむくみ、原因は何?

むくみでうっ血してしまうという症状で悩む方もいるようですが、むくみの症状が悪化していることが大きな原因です。
特に、足は体の中でも一番下にあるのでむくみやすいといわれています。
本来ならば、重力に逆らって血液を押し戻してけつりゅうしています。
しかし、ふくらはぎや太ももの筋肉の働きが充分でない場合は、重力に逆らって血液を上に押し出すことができず、流れが悪くなってしまうことがあります。

そうなると足に余分な水分がたまってパンパンにむくんでしまい、血管を圧迫して血流がどんどん悪くなってうっ血するということになってしまうのです。
足のむくみは、足の筋肉が弱くなって血液を循環させることができないということが原因です。
むくみでうっ血してしまう方は、うっ血する前にむくみを改善するようにしましょう。

うっ血するむくみを改善するには?

むくみが出やすい方のほとんどは筋肉が弱く、筋肉ポンプの作用が弱まってむくみが生じています。
できるだけ階段を使うようにしたり、運動をするように心がけるだけでも筋肉を強化することができ、むくみにくくなります。
デスクワークで、足を動かさない時間が長くなると、血液を心臓に戻す筋肉ポンプ作用が働かないので、すでにむくんでいる場合は、マッサージをしたり、できるだけ足を動かすようにして溜まった足の血液を心臓に戻すようにしましょう。

むくみやすい方は、むくみが起きる前に足を動かすよう意識したり、マッサージをしたりすることでむくみは起きにくくなりますので試してみてください。

痩せ型の方や高齢の方は、筋肉量が少ないということもあり、運動をしてもむくみを解消できないことがあります。
そういう場合は、むくみを改善するストッキングや靴下でむくみを予防・改善することができるのでおすすめです。

まとめ

むくみでうっ血してしまうのは、むくみの原因である血液の流れによるものだということがわかりましたが、足は血液の循環が悪くなりやすい部分なので長時間のデスクワークだけではなく、立ちっぱなしの仕事をしている方も注意が必要です。
長時間同じ姿勢で過ごすと、どうしても血液の流れが滞ってしまいます。
運動をして筋肉を強化することで血液の流れを促すことができるようになりますから、むくみやすい体質を改善することを意識してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です